HOME あいさつのコツ あいさつに利用する用語・熟語 あいさつに使われる名言・ことわざ ビジネスのあいさつ 会議 ビジネスのあいさつ 朝礼 ビジネスのあいさつ 仕事始め 新年会 ビジネスのあいさつ 仕事納め 忘年会 ビジネスのあいさつ 歓迎会 ビジネスのあいさつ 送別会 ビジネスのあいさつ 謝辞 ビジネスのあいさつ 懇親会 ビジネスのあいさつ 職場の行事 結婚のあいさつ 司会 結婚のあいさつ 来賓祝辞 結婚のあいさつ 乾杯の発声 結婚のあいさつ・祝辞 友人・同僚・後輩 結婚のあいさつ 本人・親族 葬儀のあいさつ 遺族より 葬儀のあいさつ 親族・代表より 弔事 献杯のあいさつ 賀寿のあいさつ 結婚記念 祝賀のあいさつ 入選祝賀会 地域行事のあいさつ 地区活動 学校行事のあいさつ サイトマップ

HOME >> あいさつのコツ

あいさつのコツの記事一覧

ビジネスのあいさつ 朝礼あいさつのコツ

■ビジネスのあいさつ 社員の朝礼あいさつのコツ

会社の朝礼の目的は、

1.「今日もみんなでがんばろう」という意思確認と
2.「グループ単位、課単位での行動予定の確認」

重要となる場です。

そのため、いくら前日残業がきつかったり、気の合う仲間との
一杯が度を越したとしても、朝から眠そうな顔や、覇気のない顔
具合の悪そうな顔はそれだけで減点対象となります。

最初から流暢に話ができる人はきわめて稀な人。たいていは
明日は自分の番だと思えば多少はブルーな気分になるものです。

でも、話す内容や、話し方に多少難があったとしてもそれは
慣れていくうちに次第にまとまっていきます。

それよりも、元気の良いあいさつとメリハリの利いた声と態度が
みんなに伝われば、それで充分目的は達成されたことになりますので
あまり難しく考えないことが大切です。

朝礼のあいさつの構成

①.はじめ

元気よい朝のあいさつが大事。簡潔とテンポ良いリズムが
ポイントですからすぐに主題にはいりましょう。

②.主題、テーマ

テーマは今朝のテレビの内容でも、新聞の記事でも構いませんが
話したいテーマをはっきりとした口調で述べましょう。またその
テーマに対し、自分はどう思い(どう考え、どう行動したいか)を
明確に述べましょう。

③.むすび

「今日も(元気に、元気一杯)がんばりましょう。」等の言葉で
結びます。

※新聞記事やテレビの報道で気になったことが少しでも仕事の
役になればくらいの、軽い気持ちで明るく話すことがうまくいく
コツです。

続きを読む "ビジネスのあいさつ 朝礼あいさつのコツ" »

あいさつのコツ ほめ言葉にくふうをこらしてみよう その3

●ほめ言葉に工夫をこらしてみよう その3

◆けなしてほめる表現とは?

 祝い事は、あくまで主役を「ほめる」ことが基本です。
しかし、あいさつする 招待客すべてが、ストレートに
ほめるばかりでは、 聞くほうも
「またですか。」、「いいかげん、もう結構です。」と
いうことになってきます。

  どうも人間というものは、同じような言葉を続けて聞いては
いられないようで、次第に退屈して緊張感を失なっていきます。

 そういう場合に有効なテクニックが、「けなしてほめる」という
やりかたがあります。ただし、高等テクニックの部類になります。

  主役がいくら優秀でも、ひとつやふたつの欠点や失敗談は
もっているものです。その失敗談や欠点をひとつ披露して
おいてから、むすびの「ほめる」へと一気につなげるやり方です。
メリハリの聞いた面白い話になります。

例えば、商社マンの結婚披露宴の場合、

「彼は今でこそエリート商社マンですが、実は就職前は商社も銀行も
  たいした違いはないと言っておりました? どうも変だなとよく聞いて
みると、どうも商社と証券会社がごっちゃになっていたようです。」と
最初におっちょこちょいな一面を披露すると、聞く側もホッとしてきます。

主役への好感度も高まります。そこで、結びに向けて
「しかし、今の彼は海外仕入部にとっては・・・・」とほめていくわけです。

 ただし、このテクニックはかなり親しい仕事仲間や友人だけが使える
テクニックです。しかも必ず最後は「ほめる」のが決まりごとですので
失敗談や欠点の披露には結構、気を遣います。

続きを読む "あいさつのコツ ほめ言葉にくふうをこらしてみよう その3" »

あいさつのコツ ほめ言葉にくふうをこらしてみよう その2

◆おまけしてあげる表現とは?

  小説やTVドラマが視聴者や読者を釘付けにするのは、読む側(見る側)の
期待通りに物語が発展していくからです。
しかし、現実はそうではありません。たいてい面白くもなんともなく結果として
そうなったというのが多いのです。

  しかし、あいさつやスピーチではその面白くない様をそのまま紹介しても
しようがありません。会社の記念式典で、かりにその会社が順調に業績を
伸ばしてきても、やはりあいさつでは、「幾多の荒波を乗り越えて」という風に
話さなければかっこがつきません。

  会社上司の病気の全快祝いの席で、
「私の友人も同じ病気でしたが、いまは治ってゴルフをやっています。」と言うより
「私の友人も同じ病気でしたが、先日久しぶりに一緒にゴルフをやったら
  すっかり回復しており、しかも病気前よりゴルフが良くなっておりました。」と
話してあげたほうが、たとえ彩りの部分があったとしても聞き手は喜ぶでしょう。

  この場合、どちらにしろゴルフができるように回復したのは事実ですから、後は
病気が治った人を、どちらの言葉が元気づけてあげられるのかの問題だけです。

  このように、事実の範囲内であれば、主催者側が喜んでくれるように話に彩りを
添えるのは、おまけした表現としてとても大切なのです。

  あいさつやスピーチにおいての「事実」は、式典や披露宴の目的に沿って
あいさつされるということになります。あいさつやスピーチの内容があくまで
事実に基づいたものであれば、多少脚色されたエピソードでも嘘とはいえないのです。

続きを読む "あいさつのコツ ほめ言葉にくふうをこらしてみよう その2" »


あいさつのコツ ほめ言葉に工夫をこらしてみよう その1
招待側の期待もそこにあるわけですが、しかし、ここであまりに とってつけたようなほめ言葉やあまりにオーバーな表現は、かえって 周囲をシラケさせることがあるので要注意です。
カテゴリー あいさつのコツ

あいさつの準備とコツ あいさつの持ち時間は3分以内
基本的にあいさつやスピーチには、それぞれ持ち時間の目安があるものです。 それは会のスムーズな進行上、かかせないものです。
カテゴリー あいさつのコツ

あいさつの準備 せっかく作った原稿は保存しておこう
文字は、手書きでもパソコンでも大きな字で作りましょう。見づらいのが 一番だめです。
カテゴリー あいさつのコツ

あいさつの準備とコツ テーマ、エピソードを一つに絞る
テーマもひとつ、エピーソードもひとつ が、真実味があるスマートな あいさつの極意といえます。
カテゴリー あいさつのコツ

あいさつの準備とコツ あいさつの決り文句
あいさつの言葉には、主催者側・招かれる側 2通りの決まり文句というものがあります
カテゴリー あいさつのコツ

あいさつの準備 あいさつの組み立て方を知っておこう
あいさつやスピーチの場合も、この【起承転結】がとても 参考となりますが、言葉であるため、もっと簡潔にという 意味で、【起と承】をひとつに考えるようになりました。
カテゴリー あいさつのコツ

あいさつのコツと準備 事前調査の大切さ
たとえば、頼まれ仲人であったり、面識のない人が多い集まりの場で あいさつをするときは、まったく見当違いの発言をしないためにも 事前の情報収集と調査が必要です
カテゴリー あいさつのコツ

あいさつの準備 あいさつの場に合うテーマ
どんなあいさつやスピーチにも、何を話したいか 何を話せばみんなに喜ばれるのかというテーマがあります。
カテゴリー あいさつのコツ

あいさつの準備 エピソードをさがしてみよう
スピーチの中で、聞く人の心をつかみ、感銘を与えるのは やはり、紹介するエピソードに負うところが大きいのです。
カテゴリー あいさつのコツ

あいさつの準備 あいさつの依頼を受ける
仕事関係の相手でも、あなたにあいさつや、スピーチを頼んできたとしたら それも、やはりあなたを全面的に信頼してのことなのです
カテゴリー あいさつのコツ

あいさつの準備 最初からうまくあいさつできる人は少ない
いったん、社会人になると、さまざまな場面であいさつやスピーチが 求められる場合があります。
カテゴリー あいさつのコツ

カスタム検索